家からの景色に萌える毎日 運命の住処との出会い。

30年の賃貸暮らしから,  7年前に一戸建てを買いました。 中古の庭付きです。

寝起きに我が家から観える景色、 岐阜城です。

我が家から望む岐阜城
我が家から望む岐阜城 

都会(川崎駅前周辺と都内)に20年近く住んでいた時はこんな景色は拝めなかったのですが、今はまばゆいばかりの新緑が日常的に目に飛び込んで来ます。

自然の愛に満ちたりてる。 

嫌なことがあった時もやはりこの景色を観ると落ち着く。

精神安定剤なんです。 

中古一戸建て
敷地100坪で延床は140㎡で、丁度良い広さです。
この玄関へのアプローチの開放感
ウッドデッキもあります。
LDKは20帖 
川の近くなので風とうし抜群

この家に巡り会えたのはほんの偶然というか、これが運命なんですよね。 

ただ、家を買うぞという行動を起こしただけ、

結論的に、なんか、あるんですよ。 その家を見学した瞬間に、

直感というか、インスピレーーションが、

あ、いいなここ、

そこから観える山の景色でピンとくるものがありました!!!  

そうなれば、善は急げです。 

不動産物件は、同一のものは無いのです。 

ですから、自分が良いと思ったら他の人も同じように思っているに違いありません。

盗られてはいけませんから、契約しました。 

詳しいことは、又、書きますね。 続く、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2022.06.23

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
管理人ブログ(Uターンでリモート満喫)へ戻る