かき菜‏のペペロンチーノ

菜の花、春キャベツ、ふきのとう…。
春を感じさせてくれる食材はたくさんあれど、うちの畑で忘れてはならない
のがこの野菜です。

なんの野菜かおわかりでしょうか?
北関東の一部の地域でしか栽培されていないそうなので、馴染みのない方
もたくさんいらっしゃると思います。
答えは、『かき菜』。
アブラナ科の野菜で、単に「ナバナ」と呼ばれることもあるそうです。
茹でると鮮やかな緑色になり、ミネラルやビタミンなどの栄養素はほうれん草
を上回るほどなのだとか。
栄養豊富なのにアクが少なく甘いため、野菜嫌いの子どもをもった母親の強
い味方です。
(うちの子どもも他の葉野菜はダメなのに、かき菜は食べます。)

私は子どもの頃からかき菜がある生活が普通だったので、地元を離れて生活
するようになったとき、春先になってもスーパーにかき菜が列ばないのに気づ
いて愕然としました。
「こんなにおいしいのだから都会のスーパーでも売ればいいのに…」と思ったの
ですが、かき菜は収穫後は傷みが早く鮮度を保つことが難しいのです。
欲張って収穫してもダメにしてしまうので、面倒でもその日食べるぶんだけを少
しずつ収穫します。

かき菜の紹介で「北関東の一部でしか栽培されていない」と書きましたが、それも
どうやら最近では広がってきている様子。
以前テレビで、東京で一人暮らしの女性がベランダでかき菜を栽培しているのを
見ました。
栽培自体は特別手のかかる野菜ではないので、このおいしさは全国的に広まっ
ていってほしいものです。

☆かき菜のペペロンチーノ

<材料>  2人分
・かき菜………6本程度
・ベーコン……5枚
・パスタ………200g
・とうがらし…1本
・にんにく……2かけ
・オリーブオイル…大さじ4
・顆粒コンソメ……大さじ2
・塩こしょう……少々

<レシピ>
①鍋に湯を沸かし、パスタを茹でる。途中かき菜も一緒にいれ、20秒ほど
茹でる。
かき菜は7cmほどの長さに切っておく。
②パスタを茹でている間に、フライパンにオリーブオイルとみじん切りにした
にんにく、半分に切ったとうがらしを入れて火をつける。
③香りが立ってきたら、パスタの茹で汁1カップと顆粒コンソメを入れ、塩こしょ
うで味を調える。
④パスタが茹で上がったら③に入れて馴染ませる。

※かき菜はそのままでもじゅうぶんおいしい野菜なので、素材を活かしてうちで
はおひたしで食べることが多いです。
とはいえずっとおひたしだと飽きてしまうので、たまには炒め物にしたりナムル
にしてもおいしくいただけます。
また、かき菜の甘さはピリッと辛いパスタにもよく合います。
休日のランチにピッタリの春の味です。

2021.03.28

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
田舎暮らしの食卓へ戻る