介護職は社会貢献度NO1で素敵なお仕事 リモートワークにも最適 6/28

今は曲がりなりにも、本サイトの編集・運営もしてますが、なんと2年前までは本業は介護士でした。が今はサイト編集、運営が本業なので、大好きな介護のお仕事は週2回程のパート勤務、10時間程度しかしません。

サイト運営と介護の仕事は対極のお仕事でどちらも好きなお仕事です。 

実は、どちらもリモートなワークなんです。 リモートって英訳で距離が遠い、文明から隔絶した、へんぴな意味で、地方都市での介護のお仕事は当てはまりますよね?  都会人が地方都市に移住、元新聞記者はリモートでのワークに介護職を選ぶ、解釈で良いのではと思います。

閑話休題

自宅作業でのリモートワークと現場仕事のダブルワーク、これが私的には精神的にバランスが取れていると感じます。  

サイト運営のお仕事はPC作業がメインですが、介護のお仕事は究極のサービス業、要介護のおじいさん、おばあさんの身体介護支援がメインです。   

私の職場は有料老人ホームで、平均年齢93歳、60代~101歳の方が入所されています。

認知の方、車いすの方の要介護者様が大半、介護者としてお世話をして、皆様との心のふれあいを楽しませていただいてます。

人生の大先輩、入所様の個々の人生の歴史って日本の戦後復興そのもの、非常に興味深いです。 

昔のお仕事は公務員、大手証券会社役員、学校の先生、商社マン、もちろん入所様の8割は女性なので専業主婦だった方が大半です。 が、その方達の大正~昭和一桁時代から激動を生き抜いてきた生い立ちとか、その我慢強さ、生命力に脱帽です。

現場介護職は入所様の個々のアセスメント(個人情報含む)は無論、把握します。 その後、個々の居室内で、家族写真や寄せ書きを拝見して、その方の歴史とかを学習していきます。   

人生 誰でも年を取って、自分で出来ないことが増えてくるんですよね。 昔はこうだった、今は、自分が情けないと愚痴を聞いたらと、傾聴も私達のお仕事、介護とはその人らしさにひたすら寄り添うのです。

  

介護のお仕事

天気の良い日は周囲を散歩するときも

外出は利用者様にとっては大きな気分転換になります。 普段、無口表情が乏しい利用者さんもお~と声を張り上げ、笑顔が観られます。

ぺらぺらと独り言や昔話がはずみます。 

私は52歳で介護のお仕事を始めました。 

年齢的には適齢だと思われます。 介護職の仕事は排泄介助、食事介助、生活支援が柱。 子育て経験者には適職。

特に、自分の親の行末、自分自身の行末を見るので、 人として、利用者さんが愛おしく感じます。 自分には向いていると思います。 

介護職に向き不向きはあるとすれば、やはり、要介護者様を人として、尊敬の念を持ち続けられるかということだと思います。 

 

男性介護士

介護職は、極めて女性的な仕事なので、現場はもちらん女性比率が9割。 男性職員の多くは親の介護経験者が多いです。 しかし、男性にも出来ることが沢山あるので、ぜひトライして欲しいです。 例えば、送迎、宿直、食事介助などなど、

介護のお仕事は経験を積めば積むほど、奥が深いと感じます。 

間違いなく、心のふれあいが楽しめる素敵なお仕事、看取り施設も当然増えてきて、エッセンシャルワーカーと言えます。 

介護職の有効求人倍率は以前として高く、性別、年齢、今までの経歴を問いません。 又、活躍出来る職場は、ディサービス、施設、訪問と多岐に渡ります。 

人のお世話が好きな方、人に感謝される仕事がしたい方、社会貢献をしたい方、介護職に就いてみませんか?   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2022.06.28

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
田舎での就職・転職に役立つ資格へ戻る