たっぷりキャベツのカレー鍋

冬の田舎の食卓には欠かせない「たくあん」作りがようやく一段落しました。
膝を抱えた大人が一人すっぽり入るほどの大きさの樽を4つぶん、大根を締
めて150本ほど漬けたと思います。
もちろん使うのは、家の畑でとれた大根です。
年を越してしまうと筋張ってしまうので、1月の中頃までには全て漬けてしまい
ます。
たかがたくあん、されどたくあん。
その家々によって作り方も味も様々。
ご近所同士で交換したりして、いろいろな家庭の味を楽しむのが田舎流です。

さて。
今年も暖冬とのことですが、冬真っ盛りのこの頃は寒さも厳しく肌に突き刺さ
ります。
そろそろ玉葱に追肥しなければと気になってはいるのですが、寒さに負けてそ
の日に食べるぶんの収穫作業しかしない今日この頃。
どうなることかと心配していた遅蒔きのほうれん草もトンネルを作ったおかげで
収穫できるまでに育って、畑は冬の葉野菜が元気いっぱいです。
なかなか巻かずに心配していた白菜も、それなりに立派になりました。
晩秋の頃は暖かさで割れてしまったキャベツも、最近ではキレイな形に。
それでも全部が全部スーパーの棚に並んでいるようなキレイな野菜には育たな
いのが、家庭菜園の宿命です。
手土産など人に贈るものはキレイなものから選ぶので、家で食べるものはどうし
ても不格好なものが残ります。

とはいえ、切ってしまえば元の形など関係ありません。
鍋のおいしいこの季節、キャベツをざくざく切ったカレー鍋は重宝します。
カレーのスパイスが、さらに体を温めてくれるようです。

○キャベツいっぱいのカレー鍋

<材料>  4人分
・めんつゆ…………180ml
・水…………………1300ml
・カレールー………2かけ
※以下は具
・きゃべつ
・豚ロース薄切り肉
・ウィンナー
・長ねぎ
・人参
・きのこ
・もやし

<レシピ>
①土鍋にめんつゆ、水、カレールーを入れて火にかける。
②ぐつぐつしてきたら、煮えにくい具から先に鍋に入れる。
③ある程度火が通ったら、煮えやすい野菜や豚肉を入れる。
④最後にうどんを入れたり、ご飯をいれて雑炊にしてもおいしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2022.01.31

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
田舎暮らしの食卓へ戻る