大根と牛肉のステーキ

真冬なのに、なぜかピーマンがなっているうちの畑。
(早く片付けなければ…)


冬本番の今、一番存在感があって元気なのは大根たち。


東京にいた頃の知り合いに育てた野菜を送ると、「農家を継いだの?!」と
よく言われるが、うちはもともと農家じゃない。農家じゃないのに、母が煮
物用・サラダ用・漬物用と三種類の大根を育ててしまった。大根ひとつにそ
んなにこだわってどうする?!と最初は思ったが、たかが大根されど大根。
煮物用はとても柔らかくて筋がなく、本当においしい。
先日おでんを作ったら、数ある具の中で一番に売れてしまった。
また、サラダ用はシャキシャキしてみずみずしく、何もつけなくても甘い。
大根おろしにしても、辛くない。
漬物用の大根はまだ樽の中なので味見をしていないが、きっと美味しい沢庵が
できるだろう。

さて、英語でJapanese radishと呼ぶように、どちらかというと和食のイメー
ジが強い大根。しかし、洋風にアレンジしてもなかなかいける。
クリスマスや忘年会、新年会など、家でもてなすことも多いこの時期、今回ご紹
介する『大根と牛肉のステーキ』を一品くわえれば、簡単にテーブルの上が華や
ぐ。ステーキマジック!!
レシピはかなり簡単なのだが、大根と牛肉の意外なコラボレーションで家族や来
客者の心をがっちりつかめるだろう。

華やかなイルミネーションに心躍るこの季節。
しかしながら田舎の夜は相変わらず暗い。
「こんなに真っ暗じゃサンタさんも家がどこかわからないよ…」と心配になっ
たが、思いもかけないプレゼントが我が家にも届いた。
天使を授かった。
来年は家族がもう一人増えて、年を越せそうだ。

皆さんも、よいお年を。
【大根と牛肉のステーキ】

<材料> 4人分
・大根…………………400g
・固形スープの素……1個
・牛肉…………………200g
・塩、黒胡椒…………少々

・バター………………10g
・大根の煮汁…………大さじ2
・醤油…………………小さじ1
・赤ワイン……………大さじ2
・砂糖…………………小さじ1/2
・とんぶり(ほうき草の実)…大さじ2

<レシピ>
①大根は4個の輪切りにする。皮をむき、片面に十文字に隠し包丁をいれる。
 鍋に水カップ2と固形スープの素を入れ、落としぶたとふたをして約20分
 煮る。

②牛肉は4等分し、筋切りする。軽くたたき、塩、胡椒をする。

③フライパンに軽く油をしき、大根を表になる方から中火で焼く。
 焼き色がついたらバターを入れ、裏返し、もう片面も焼いて取り出す。

④同じフライパンに油をたして、肉を好みの焼き加減に焼き、取り出す。
 大根の煮汁、醤油、赤ワイン、砂糖を肉を取り出したフライパンに入れ、
 強火で大さじ2程度になるまで煮詰める。

⑤器に盛り付ける。肉の上に大根を重ねる。
 その上に、あればとんぶりをのせ、④のソースをかける。
2022.02.5

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
田舎暮らしの食卓へ戻る