プチトマトのカプレーゼ 8/5up

暑い。とにかく暑い。
切迫早産で入院すること三週間。
そのまま出産してめでたく退院することになり、病院の外に出た瞬間もう半端
なくめげました。
入院した頃は梅雨真っ最中で肌寒く、長袖で病院に入ったのですが、季節が
変わるのって早いですね。
すいません、“暑さ日本一”を誇るこの地域の夏をナメてました。

さて。
久々に家に戻ると春に植えた向日葵がいくつか咲いていたり、プランターのプチ
トマトがすでに食べ頃になっていたり、壁にゴーヤの蔦がうねっていたり、雑草が
伸びてすごいことになっていたりしました。
まるで玉手箱を開けてしまった気分です。
入院中気になっていた事といえば、やはり畑の野菜たち。
まだしばらく畑に行くのは自粛しますが、母が毎朝大量のきゅうりやオクラを収穫
してくるので順調に育っているようです。
そういえば入院中も畑で穫れたとうもろこしや茄子の漬物を差し入れしてもらいま
した。
夏は畑がいろいろな野菜で最も込み合う時期。
ここぞとばかりにたくさんの野菜料理を紹介したいのですが、なかなかそうもいか
ないのが歯痒く感じます。
今の時代は産後でもどんどん動く……いえ、動かざるを得ないのが普通になって
きつつありますが、田舎ではやはり“産後の無理は禁物”。
細かい作業や水仕事は御法度なのです。
実は下のカプレーゼもほとんど母が作ってくれました。
庭に出てプランターのプチトマトをとっていたら、「何してるの!?」って。
材料三つで火を使わずに切るだけの超簡単料理でも、ひとりで作業すること敵わ
ず、なのです。
それもこれも人手のある田舎で出産した恩恵と思って、今はありがたく養生させて
もらいます。

☆カプレーゼ

<材料>
・プチトマト………適量
・モッツァレラチーズ…適量
・バジルの葉……適量
・塩、コショウ……少々
・EVオリーブオイル…少々

<レシピ>
①プチトマトを横半分に切り、立たせるために底辺部分を薄く削ぎ取る。
モッツァレラチーズも同じくらいの大きさに切る。

②プチトマトの上にモッツァレラチーズを乗せ、塩コショウを振ってオリーブ
オイルをかけ、一番上にちぎったバジルの葉を飾る。

※上の写真はベビーリーフを添えてサラダっぽくしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2022.07.28

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
田舎暮らしの食卓へ戻る