☆ブロッコリーと鮭のクリームフィットチーネ

野菜作りで一番ツライこと…。
私にとってそれは「虫との遭遇」です。
ある程度覚悟を決めて始めた家庭菜園ですが、やはり今でも虫を発見する
と心が萎えます。
特に苦手なのは、モゾモゾと動く幼虫系。
目が合った瞬間(というか目はどこなんだろう)、収穫を諦めて見ないふりした
くなる気持ちを抑えられません。
苦手なくせに見つけるのが得意なので困ります。
ほうっておくと大切な野菜たちがどんどん食べられてしまうので、発見したとき
は勇気を出して「虫がいるー!」と叫びます。(たいてい主人が「やれやれ…」
と取ってくれて事なきを得ます。)
ところがどういうわけか、息子はまったく虫を怖がりません。
生まれたときからこの環境の中で育っているからでしょうか。
最近では「虫がいるー!」の私の声に息子が反応して、虫を踏みつぶす姿が見
られるようになりました。(先日は木の棒でツンツンしてた…)

無農薬栽培は健康のためにはとてもありがたいのですが、私のような虫
嫌いの意気地無しには少々ツライこともあります。
特に虫がつきやすいのが、ブロッコリー。
人間が食べてもおいしいものは、虫も大好きの様子。
葉の部分はもちろん、私たちがいただく茎の部分もかじられてしまいます。
少し前まではひとつの株に2~3匹はいたのですが、最近変化がありまし
た。
どんなに目をこらして見ても、虫が見当たらないのです。
自然の生き物は、みな季節に敏感なんですね。
どうやら冬が来たようです。

☆ブロッコリーと鮭のクリームフィットチーネ

<材料> 4人分
・フィットチーネ(できれば生)…400g
・生鮭……………4切れ
・ブロッコリー…1株
・玉葱……………1個
・オリーブオイル…大さじ3
・小麦粉…………大さじ2
・牛乳……………600cc
・生クリーム……200cc
・水………………300cc
・コンソメキューブ…4個
・塩、こしょう…少々
<レシピ>
①ブロッコリーは小房に切り、玉葱は薄くスライスする。
鮭は皮や骨を外して、食べやすい大きさに切っておく。
②鍋にオリーブオイルを温め、玉葱を炒める。
玉葱がしんなりしたら火を止め、小麦粉を全体にまぶしてなじませる。
③②に牛乳、生クリーム、水、コンソメを入れて温める。
鮭を加えて、鮭に火が通るまで煮詰める。
塩こしょうで味を調える。
④別の鍋に湯を沸かして、フィットチーネを茹でる。
フィットチーネをあげる直前でブロッコリーも入れて、一緒に茹でる。
⑤③の鍋に茹であがったフィットチーネとブロッコリーを入れて、
よくからめたら完成。

鮭とブロッコリーのクリームフィットチーネ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2021.11.29

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
田舎暮らしの食卓へ戻る