転勤族が終の棲家の古民家購入、家族と一緒に

ちょっと前のテレビで、心打たれるものがありました。 これを見て、今は農家民宿をされている本人様のfacebookでコンタクトが取れました。  youtubeで再度視聴しました。 

https://www.youtube.com/watch?v=TdP_6s8S42k

転勤族が遂に田舎に移住
転勤族が遂に終の住処を手にいれた。 
頼もしい先輩移住者
年季の入ったおくどさん
頼もしいボランティアの方々と美味しいランチを

25年空き家だった物件で最後は80代の女性がひとりで住んでいたそうです。 空き家には残存物が当時のままでまずは、それの片付けから初めました。

汚い、大変と言われても残存物とはその家の歴史で、ひとつひとつ選別して、もちらん使えそうなものはそのまま使います。 

片付けは移住先の長や、移住の先輩が、ボランティアも集めてくれました。 

最終的に総数20人の手で片付けが無事終わり、まずは安心、まずは第一段階終了、ここで一歩やり尽くした爽快感があります。  

その移住の先輩の方は、大きな事故を転機に都会から脱しつ田舎暮らしを初めてそうです。

空き家をDIYとプロの手で自分の理想の再生するまで3年かかったそうです。  

今回の主人公の藤本さんは、今は、兵庫の田舎で農家民宿をされています。 

藁葺き屋根古民家 体験型農家民泊 日帰り焚き火処 門前庵
藁葺き屋根古民家 体験型農家民泊 日帰り焚き火処 門前庵

第二の人生を奮闘されてます。https://maps.app.goo.gl/AUxpCnGvXAx2T3GKA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2022.06.22

架け橋便り@田舎暮らしへ戻る
管理人ブログ(Uターンでリモート満喫)へ戻る